【618使用方法】野菜&果物編


618は野菜や果物に付着した残留農薬、ワックス、食中毒の原因菌を洗浄・除菌してくれます。

使い方はとても簡単。


①ボールに水を張り、野菜や果物を入れ、618をふたつまみ入れる。

②軽くかき混ぜ、そのまま2分〜5分浸け置き。

たったこれだけ。そしてここでポイントが。


5分以上浸けても効果は変わりません。


たった2つまみの使用量に、たった2分の時間で良いんです♪

浸け置き後、気になる方はサッと真水で流してお召し上がりください。

 ↑こちらはミニトマトを2分浸け置きした水。


真っ黄色です。(OMG)

油のようなモヤまで浮いています。


衝撃映像に驚く方、続出ですが黄色=全てが農薬ではありません。

↑誤解しやすのでご注意を


ミニトマトやお米をつけた場合、特に黄色くなるのですが

実は無農薬トマトや無農薬米でも黄色にはなります。


これは野菜の成分に反応して、この色になっています。

もちろん、この黄色の中にも農薬や菌が混ざっています。

よーく見ると白いモヤが浮いているはずです。


日本の残留農薬基準は他国に比べとても低いのが現状です。

農薬の種類は4000以上と言われています。

特に外国産のものは注意が必要です。


618で安全で健康な食生活を。


初回限定増量パッケージ(通常150g→200g)在庫わずかです。オンラインストアで2個セットお買い求め頂くと更に5%OFFになります。


rerum nature Japan

自然と調和しながらサスティナブルなライフスタイルを提案します。

0コメント

  • 1000 / 1000